形から入ろうとして急に画材が欲しくなる時

絵を描いていると、実際に画材を使って描いてみたいなと思うことが多々ある。動画を見ていると、様々な技法で絵を描いている方が沢山いらっしゃるので、見ていると感化される。「こんな風に自分も描けたらいいなぁ」といつも眺めていると、油絵やアクリル画の画材を唐突に欲しくなるのだが、使ったことがあるのかと聞かれると、実は学校の授業意外では全く使ったことがない。

手入れの仕方や適した保管方法、絵の具の性質諸々は全くと言っていいほど知識がない。ついつい、「始めるなら道具を揃えないと!」と少し前の私は考えがちなのだが、多くのミニマリストさんやシンプリストさんのブログや動画を見聞きしているおかげで、衝動的に道具を集めて、後で困るといったことが減ってきた。

衝動買いは抑えられても、描きたいという欲求は強くなる。

数年前に気になって入れたイラストアプリを思い出して、つけてみることにした。iosで配信されている「art set」と言うアプリだ。

Art Set 4

Art Set 4

  • LOFOPI
  • グラフィック/デザイン
  • 無料

画用紙や方眼紙、キャンバスなどの紙質からを選ぶことができ、画材も水彩、アクリル、油絵の具、クレヨンに色鉛筆など多種多様な種類がある。そして、色を重ね合わせた時、ペンを走らせた時に、描かれていく線がまるでアナログで描いたかのような質感で表現される。

デジタルで描いているのに、本当に絵筆で描いたような色の馴染み方をして、とても描いていて心地よい。難しいことを考えずに、子供の頃のように絵筆を走らせる感覚で、思いっきりかけるし、描き直しも簡単だ。沢山の画材を集める必要がないので、気になっていた画材を気軽に試せるのも嬉しい。

キラキラのラメの入った絵の具もあるし、絵筆の種類・形も選べるので、思い思いの絵を描くことができる。

子供もこのアプリがお気に入りで、キャンバスいっぱいに色を塗りたくったり、重ね合わせたりして、お絵描きを楽しんでいる。

 

 

今朝も10分間か15分ほどクロッキーをしたが、集中力が途切れがちなのと、身体のバランスの整え方の方法をまた見直さないとなぁと。

▼今日も今日とて、SPEED DRAWでクロッキー。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by setsu (@setsublog)