ひとりラーメン、ひとりカフェ、ひとりファミレス、その次は?

 

お題「人といるのが好き?1人が好き?」

 

人といるのも好きだが、何だかんだで一人が好きだったりする。思いつきでどこかに出かけてみたり、食べたいものを気兼ねなく食べたり、時間をゆっくりと堪能したり。一人景色を眺めてぼんやりしたり。一人で行動する事にあまり苦を感じないタイプだ。

 

一人でラーメン屋に行くこともあるし、一人でカフェ巡りをすることもある。飲食店の待ち時間はスマホをみたり、窓から景色を眺めたり、本を読んだり、そのお店の形態によって過ごし方はまちまちだが、「あ!あれ食べよ!あのお店に行ってみたい!」と思い立ってふらっと行くのが好きだ。

 

好きな作家さんの展示会も映画も一人で行ったりする。どうも好きなものが偏っているせいかあまり物事について友人と語り合うと言うことが少なかったように思う。友人とはそれぞれの趣味は尊重し合い、否定することなく押し付けることなくと言う感じだ。

 

若い頃ならライブにも一人で参戦し、現地で友人と合流はするが、ライブが終わればすぐさま解散し最終電車に駆け乗り、急ぎ足で帰っていったのは懐かしい思い出だ。

 

ライブや映画はとにかく「現実逃避」と言う意味合いが私の中で強かったため、その日はもう「現実に戻るようなワードは話したくない!」と言うのが私の脳裏に常にあり、映画やライブの世界観にどっぷり浸って帰宅し、そのまま眠りにつきたいのだ。そんな浸っているモードの最中に「明日のシフトなんだけど…」みたいな話をされたりしようものなら、もう一気に夢から覚めてしまい、気持ちも冷めてしまうのだ。

 

我ながら厄介なやつだと思う。家で映画を見ていてもその映画の最中は隣で話しかけられたくないタイプだ。リアクションもせず、ただその世界に没頭したいがために、どうも途中で話しかけられたり、「この先の展開はー…」なんて会話は一切したくないのだ。

 

過集中していると、その相手の声すら入ってこないので、相手は無視されたと思い、不快な思いをさせてしまうので、基本、「現実逃避」するような映画やライブは一人に限るのだ。

 

ラーメン屋、牛丼屋、回転寿司、ファミレス、カフェ、映画館、カラオケ、ライブ、展示会、美術館…これらは一人で行くのに何ら躊躇せず行ける場所だが、まだ一人で行くことができていない場所もある。焼肉屋と居酒屋だ。

 

何となく一人でテーブル席を占領してしまって、大した客単価にもならないだろうなと思うと、お店側に申し訳ない気持ちになるので、行けないと言うのが本音だ。カウンター席のあるような場所だったら焼肉屋には行けるかもしれないが、近場にあるのはどこもかしこもテーブル席オンリーなのだ。

 

居酒屋に関しては、散歩や買い物など一人で行動していると高確率でご年配の方に話しかけられることがあるので、単純に居酒屋は酔っ払いに絡まれたら面倒だなというのがある。適度に美味しいお酒を飲みたいのだが、やはり一人となると客単価は低くなってしまうだろうと言うのもあって行けずじまいだ。

 

嗚呼、美味しくお酒を飲んで焼肉を食べたいと真夜中に沸々と。。。

 

 

兎にも角にも「気兼ねなく」と言うのが私の一人好きに拍車をかけているのだろう。