生活に足りなかったのは「褒められること」



大人になると褒められる事は滅多にない。

 

『出来て当たり前』の世界で、ただ忙しさに追われて1日が終わっていく。

 

子どもには色々プラスになるような声掛けをするが、大人の自分にはこれと言って他者から何かを言われることもなく。

 

強いて言うなら『出来なかった事、失敗した事』に対してかけられる言葉の方が多い。

 

そうなるとモチベーションはただ下がりだ。

 

夜、布団に入れば今日1日の大反省会がひとり頭の中で繰り広げられる。

 

「ああいう風にすべきだった」とか「これはまずかったな」とか。

 

それはそれは無限に湧いてくるように、眠りにつくまで延々と繰り返される。

 

 

それでも、日常の中で、些細なことでも褒めてもらえる瞬間があると、ぱっと心が明るくなって軽くなる。

 

モチベーションも上がるし、あともう一息頑張ろうという気持ちになれる。

 

勿論、それがお世辞かもしれないし、裏のある言葉の場合もあるかもしれないが、そこは敢えて気にせず、間に受けて喜んだ方がいいと最近思うようになった。

 

子供の頃から良い点数をとっても、良い行いをしても、褒められることなく育った環境ゆえに、『褒められる機会がめっきり少ないのだから、稀に誰かに褒められた時くらい素直に喜んだ方が精神衛生上、健康的だ』と思った。

 

『褒められる』と自己肯定感が増していくし、ズタボロに凹んでいるときでも、気持ちを少し安定に近づけてくれるような気がする。

 

一年を通して悩む時間や億劫な気分になる事が多いけれど、些細な事をきっかけに褒められると悪い気はしない。

 

 

今年ももうあっという間に6月になったが、残りの半年間、来月以降はプラスな言葉を意識して過ごしていくことにしよう。