setsublog

まったり 気ままに すきなことを


日常 メモ 絵本 こども すきなこと シンプルライフ




【真夜中のつぶやき】おうちでポケモン映画鑑賞

--- Sponsored Links ---


f:id:setsublog:20210723004825p:plain

 

夏休みはおうちでポケモン映画鑑賞

先日、「劇場版ポケットモンスター ココ」をレンタルして、子どもと2人で鑑賞した。

 

なんとなく映画の内容は知っていて、気になってはいたものの、映画館での上映時は、まだ子供も映画館では静かに見れないだろうなぁと思い、当時は完全にスルーしていた。

 

「ポケモンファン」や「コロコロイチバン」などの子供向け雑誌は定期的に購入していたので、パラパラと映画の記事を読んでは、「レンタルが始まったらゆっくり見ようかなぁ」ぐらいの感覚だった。

 

たまたま、夏休みに入ってからDVDをレンタルする機会があって、「新作だから1週間は借りられないけど、せっかくだし見てみようか?」という事になり、早速鑑賞する事にした。

 

「劇場版ポケットモンスター ココ」をレンタル

 


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

鑑賞中、ハラハラする展開に何度もうるうるしかける私と子ども。

 

二人とも見終える頃には「父ちゃんザルードとココ、だいすき!」状態になっていた。

 

物語も作り込まれていてテンポもよく、映像のダイナミックな動き、様々な挿入歌や音楽で楽しめて、最後はあたたかい気持ちになれる素敵な映画だった。

 

ちらっと「ポケモンスナップ」のキャラクターたちがうつって子どもと二人で「あー!いまの!!」と驚いたり、花火大会会場にいたタイレーツ、どんなときでもきのみをほおばるホシガリス、ピカチュウを飲み込もうとしたウッウなど、どのキャラクターもかわいい。

 

作中にセレビィや治癒の泉が出てくるのだけれど、2001年に公開された「劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇(ときをこえたであい)」を思い出した。

 

「傷を癒やす湖」やセレビィの「ときわたり」などキーワードとして重なる部分があり、見ていてふと懐かしい感覚にもなった。

 

今回出てきたピンク色のセレビィも可愛かったなぁ。

 

見終えた私はポケセンでポチッと…

すっかり「劇場版ポケットモンスターココ」にはまり、ポケモンセンターオンラインでぬいぐるみをポチッと購入している私。。。

 

ポケモンセンターで販売されているザルードのぬいぐるみは、そのままのザルードの姿なので、「父ちゃんザルード」にするために届いてから¨あるもの¨を巻き付けることにした。

 

昨年発売して開封せずにとっておいた「ポケモンファン」の付録のマントをこっそりとつけて子どもに渡してみたところ、「父ちゃんザルードだぁあああ!!!」と歓喜。

 

付録を開けずにそのままにしておいて良かった。

 

f:id:setsublog:20210910215939j:image

 

なんとも素敵なサイズ感。

 

しっかりした作りのぬいぐるみで、触り心地も良い。

 

枕に並べて一緒に寝ると暗闇で少し怖いけれど、父ちゃんザルードだと不思議と安心感すら感じてしまう。

 

f:id:setsublog:20210830020946j:image

雑誌付録のセレビィマントがよく似合ってて、後ろ姿もたくましくてかっこいい。

 

 

大人になってから、プライムビデオやらテラサなどでポケモンの映画を見る事が増えたけれど、「劇場版ポケットモンスター きみにきめた」以降の映画は、とくに訴えかけてくるものを強く感じられて、子どもにもぜひ見てほしいし、大人になっても楽しめる映画だなぁと思う。

 

今年の夏休みは週3ペースでポケモンの映画を繰り返しみていたからか、大人になってから久々に夏休み感を感じる期間だった。

--- Sponsored Links ---