setsublog

まったり気ままに日常を記すブログ。

静かな時ほど眠くならないジレンマ

スポンサーリンク


 

お題「これって私だけ?」

 

 

なかなか寝れないんだなぁ

家族が早々に寝静まる時ほど、自分だけなかなか寝つけないのは何故なのか。

 

ここ1〜2ヶ月でお昼寝をしなくなった我が子は、お風呂から出て涼んでいると、うとうと…うとうと…。

 

「ねむたいねぇ」と話しつつ、あやしているとすぐに寝てしまいました。

 

まだ時間は20時前でしたが、私も今日は早めに寝ようと思い、床につきました。

 

…が、まったく眠くならず、あれよあれよと時間が過ぎていきます。

 

「いつもよりも早く子供が寝たから、君も眠れると良いんだけど」と主人に気遣われつつ、私はその横でアイスを食べていました。

 

時折、我が子が寝言を言うので、聞き耳を立ててみたりしながら、まったく眠れないので、スマホを片手にぽちぽちとしていたら、いつのまにやら主人も寝息をたてていました。

 

平常運転といえば、その通りだけれど

皆、すやすや寝てるなぁ。

 

昔から夢見があまり良くなくて、眠りも浅いので、平常運転と言えばいつも通りのことなのですが、ここ数日、外出が多かった事もあり、やや疲れがたまっていて不調続きだったので、今日は早く休もうと意気込んでいたんですが、意気込み過ぎて裏目に出たようです。

 

まったく眠くならず、すでに時計は1時を過ぎてしまいました。

 

「スマホを見ていないで目を閉じなさいよ」と言われそうですが、何度か試みても不思議と眠気は来ず。

 

いつもの自由時間

 

皆が寝静まった後がいつもの私の自由時間なので、普段は1〜2時間程度、ブログを書いたり、本を読んだり、動画を見たり、音楽を聴いたり、音を立てないような家事をしたりして、眠くなるまでの時間を過ごしています。

 

子供が生まれてからと言うものの、趣味らしい趣味を忘れて、時間に追われるように過ごしてきましたが、ようやくここ数ヶ月で、自分の時間を作れるようになりました。

 

「自分の時間」の必要性

「母」であり、「妻」である中で、「あれ?私って何が好きで、何を楽しんでたんだろう?」とふと我にかえることがあり、気がつくと無趣味な状態に陥っていました。

 

昔、朝から夜中まで仕事ばかりの生活をしてた時に、こんな事があったなぁと思い出し、このままだとまた体調を大幅に崩しかねないと思い、30分、1時間でも意識して「自分の時間」を作ろうと思いました。

 

少しずつ時間を作れるようになって、ストレスも軽減されるようになり、「好きなことをする時間って大切だなぁ」としみじみ思いました。

 

そんなわけで、自由時間がいつもより大幅に増えると逆にテンションが静かに上がってしまい、眠気が吹き飛んでしまうわけで…。

 

こんな日は夜泣きも少ない

早い時間に寝静まると「たくさん寝るチャンスだぞ!」と同時に「自由時間だぞ!」となってしまうジレンマ。

 

こんな日は我が子の夜泣きもほとんどなく、朝までぐっすり寝て、早朝に誰よりも早く起きてくるパターンですね、きっと…。

 

私の眠くなるタイミングと我が子の目覚めるタイミングが重なりませんようにと願いつつ、そろそろスマホを閉じたいと思います。

 

おやすみなさい、良い夢を。

 

 

スポンサーリンク