setsublog

まったり気ままに日常を記すブログ。

ポイントが使える!雑誌を色々読むなら楽天マガジンがオススメ

スポンサーリンク


f:id:setsublog:20190520163512p:image

 

色々な雑誌が読みたい人におすすめ

 

シンプルライフに憧れる前は、ひと月で雑誌を3冊以上購入していました。

 

読み終わった雑誌もそのままにしておくと、どんどん本棚がうまっていき、最終的にはスクラップブックを作って保管もしていましたが、忙しくなってくると、その時間もなかなかつくれませんでした。

 

そこで、片づける手間、場所をとる問題、それらを解消するために電子書籍で雑誌も読むようになりました。

 

ただ、お店にいかずとも読めるという便利で手軽な一方で、あの雑誌も読みたい、この雑誌も少し読んでみたいとなると、普通に購入していては、支払いがどんどん増えていくばかり。

 

そこで、雑雑誌読み放題のアプリをいくつか試してみて、一番使いやすいアプリにたどりつきました。

 

それが「楽天マガジン」です。

 

 ースポンサーリンクー

 

「楽天マガジン」ってどんなアプリなの?

人気雑誌がたくさん読める「定額制 雑誌読み放題サービス」

 

取り扱っている雑誌の数はどれくらい?

 

全11ジャンルの取り扱いがあり、2019年1月現在で250誌以上

 

利用料金はいくら?

  月額プラン 380円(税抜) 

 

 年額プラン 3600円(税抜)

  ※月額プランに比べて年間960円お得

 

料金は他社の「dマガジン 月額400円(税抜)」に比べると20円安いですね。

 

なお、 2019年9月30日までに料金を支払った場合は、消費税8%となり、2019年10月1日以降に料金を支払った場合は消費税10%が課税となるので、支払いの際はご注意ください。

 

支払い方法はなにがあるの?

支払いにはクレジットカードの登録が必須となり、楽天市場のアカウントに紐づけされたクレジットカードから引落がされます。

 

クレジットカードで支払った金額に対して楽天ポイントも貯まります。

 

実は、この「楽天マガジン」は、全額楽天ポイントでの支払いも可能なんです。

 

つまり、普段のお買い物で貯まったポイントで250誌以上の雑誌が読めるとなると、とてもお得ですよね。

 

ただし、注意が必要で、ポイント支払いの際に、請求金額に対してポイントが不足している場合は、利用可能なポイントが利用金額から差し引かれた後、残りの金額を登録しているクレジットカードから引落がされるとのことです。

 

ポイント支払いの設定方法は?

 

ポイント支払いの設定方法は、楽天マガジンのサイトにてログイン後、右上のメニューより、「ご契約内容の確認・変更」を選択します。

f:id:setsublog:20190520152434p:image

ポイント支払いの項目で「すべての利用可能ポイント」を選択すると、次回のお支払いの際に適用される仕様になっています。

f:id:setsublog:20190520152507p:image

利用できるデバイスはどれ?最大何台まで可能?

パソコンのブラウザをはじめ、スマホ、タブレットからもブラウザ経由で読むこともできますし、スマホアプリからも読むことができます。

 

利用登録できるデバイスの最大台数は1つのアカウントに対して5台までとなっており、各端末でログインすると、自動的に新規デバイスとして登録されます。

 

オフラインでも読めるの?

一度ビューワで開いた雑誌は、使用した端末にダウンロードされるので、「100%「ダウンロード完了」となっている雑誌は、ネット環境がない場所でも読むことが出来るので、便利ですね。

 

f:id:setsublog:20190520155026p:image

 

家のWi-FiやWi-Fiスポットで、お気に入りの雑誌をまとめてダウンロードしておけば、パケット通信料を気にせずに、いろいろな雑誌が楽しめます。

 

 

ジャンルと主な雑誌タイトルは?

男性ライフスタイル

 Begin、Casa BRUTUS、Daytona、GOETHE、PEN、Tokyo graffiti、サライなど

男性ファッション

 2nd、MEN'S NON-NO、OCEANSE、GO OUT、UOMO、GQ JAPANなど

スポーツ・アウトドア

 PEAKS、Tarzan、山と渓谷、Number、BE-PAL、サッカーダイジェストなど

 IT・ガジェット

 MONOQLO、DIME、週刊アスキー、日経PC21、家電評判、Mac Fanなど

ビジネス・経済

 PRESIDENT、週刊エコノミスト、週刊ダイヤモンド、日経マネーなど

ニュース・週刊誌

 FRIDAY、女性セブン、FLASH、SPA!、週プレ、女性自身など

女性ファッション・ビューティー

 JJ、andGIRL、BAILA、LEE、MORE、GISELe、美的、LDK the Beautyなど

 女性ライフスタイル

 anan、たまごクラブ、日経ヘルス、クロワッサン、ゆうゆう、サンキュなど

グルメ・トラベル

 おとなの週末、旅の手帳、OZmagazine、dancyu、料理通信、東京ウォーカーなど

趣味・娯楽

 HiVi、F1速報、日経エンタテイメント!、週刊ファミ通、つり情報、サラブレなど

家事・インテリア

 オレンジページ、3分クッキング、CHANTO、ESSE、Baby-mo、Come home!など

 

まとめ

「楽天マガジン」は楽天ポイントで支払えるという点にメリットを感じますね。

 

ただし、どの定額制雑誌読み放題にも共通することなのですが、雑誌のすべてのページを読むことはできません。

 

出版社の意向により、デジタル版では閲覧できるページが紙面とは異なる場合があり、権利処理(タレントやモデルの著作権)の理由により、一部広告や人物などが表示されない場合もあります。

 

全ての内容を読めなくても、気になる雑誌を気軽に読めるのは大きなメリットですね。

 

我が家では 2年目の更新を済ませ、お気に入りに30誌以上登録し、毎号更新を楽しみにしつつ、今では欠かせないサービスの一つになっています。

 

 

現在、初回31日間お試し0円キャンペーンがありますので、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 ースポンサーリンクー

 

 

 

アプリの利用方法に関しては別の記事にてアップする予定です。

 

※2019年5月20日現在の情報ももとにしておりますため、今後、変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク