setsublog

まったり気ままに日常を記すブログ。

付録に絵本がついてくる!おすすめ雑誌『コドモエ』

スポンサーリンク


f:id:setsublog:20190514205034p:image

 

 

子供が生まれてから毎号購入している雑誌があります。

 

それがこちら!

 

白泉社から出版されている子育て情報誌「kodomoe(コドモエ)」

 

 

白泉社より奇数月7日に発売されている 子育て情報誌です。

 

絵本を中心におもちゃや料理、おでかけ等の子供との暮らしを楽しむ内容となっており、テーマに沿った数々の絵本の紹介や子供の年齢別のマザーズバッグの中身の紹介、子供が喜びそうな料理のレシピ、家事や育児のアドバイスなど毎号様々なテーマで特集が組まれていて、読むのが楽しいです。

 

最新号は?

 

 

 

最新号の特集では、「しない掃除、おちる洗濯」特集で、暮らし上手な方の掃除&洗濯や1日のタイムスケジュール、ラク家事を支えるアイテム紹介など、面倒な手間を省いてキレイをキープするヒントがたくさんあります。

 

また、こどもの衣類汚れを落とす方法も「ペン・クレヨン」「果汁」「ミートソース・カレー」など汚れの種類別に、簡単で手間なく落とせる方法を紹介していて、参考になります。

 

絵本カタログのページでは「おでかけが楽しくなる のりもの絵本」と題して、車やバス、電車、飛行機、船など様々なのりものに関する絵本が紹介されており、のりもの好きなお子様にも、はじめてのりものにのる赤ちゃんにも楽しめる絵本が色々あります。

 

今回は絵本のほかにエコバックがついてきました。

 

f:id:setsublog:20190517063911j:image

 

素材もしっかりしていて、お買い物の際に利用しています。

 

f:id:setsublog:20190517071509j:image

 

様々な作家さんの絵本が  毎月読める  素敵な付録

 

そして、何より魅力的なのは、付録として付いてくる絵本!

 

f:id:setsublog:20190517063848j:image

 

こちらの付録は、毎号異なる絵本作家さんの作品が読めますし、子供とのお出かけの際に持ち歩くのにもちょうど良いサイズです。

 

f:id:setsublog:20190517063945j:image

 

お話のボリュームも読みやすい長さですし、どの絵本作家さんも素敵で、親子で毎号楽しみにしています。

 

付録の絵本は後々、書籍化されることも

 

付録で付いてきた絵本は、人気な作品だと数ヶ月後くらいには実際に書籍として発売されるんです。

 

付録の絵本は、何度も読んでいるうちにボロボロになってしまいますが、我が家では、子供が気に入った作品は、書籍化されたら本屋さんで再度購入するようにしています。

 

我が家のお気に入りはこちら。

 

パン大好きな我が子がとても気に入っている絵本です。

 

どのパンもとても美味しそうで、大人が読んでも楽しめます。

 

まとめ

 

『kodomoe』は、絵本を様々なテーマで紹介しており、知らなかった作品に出会えるので絵本購入の際に参考になります。

 

また、付録も絵本以外にエコバッグなどがついてくる号もあるので、「ノラネコぐんだん」好きな方におすすめです。

 

★工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん」の作品の一部はこちら★

  

特集記事以外にもコラムやインタビュー記事もあるので、子育て初めての私にとっては、子育てのヒントや子供との遊びのアイデアも知ることができるので、子供との接し方、遊び方のバリエーションが広がり助かっています。

 

次号の「kodomoe(コドモエ)8月号(7月5日発売)」の付録の絵本は、工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん カレーライス」とさこももみさんの「おかねタウンでおかいもの」の2冊がついてきます。

 

kodomoe.net

スポンサーリンク