setsublog

まったり気ままに日常を記すブログ。

絵本【しましま ぐるぐる】

スポンサーリンク


f:id:setsublog:20190417000200p:image

 

しましま ぐるぐる/柏原晃夫 作 

ロングセラーの0歳〜2歳向け絵本です。

 

黒と白と赤や青の強いコントラストと、しましまやぐるぐるといった模様が月齢の低い赤ちゃんでも楽しめる内容となっています。

 

我が家では2か月頃から読み聞かせをしました。

 

読み聞かせる前は「まだ早すぎるかな? 」と思いましたが、実際に子供に見せてみたら、じーっと集中して絵本を見つめてくれていました。

 

月齢が進むにつれてだんだんとお気に入りのページで声を出したり、手で触れてみたりと様々な反応が返ってくるようになりました。

 

とくにおさかなのページはお気に入りで、食い入るように何度も眺めていました。

 

本には「赤ちゃんの目から20センチくらいの位置で見せてあげてください。初めての「見る」感覚に、赤ちゃんの喜ぶ姿が見られるでしょう」とありましたが、まさにその通りだなぁと感じました。

 

赤ちゃんの反応には個人差があると思いますが、読み聞かせの習慣を作る最初のステップに最適な1冊です。

 

この本をきっかけに様々な本を読み聞かせるようになり、子供自身も絵本に興味を持ってくれるようになりました。

 

ほかにもいろいろなシリーズが出ていますので、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク